読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月5日 なごやか塾

なごやか塾

第14期なごやか塾の7回目です。
自身のレベルアップと、クラブでの初心者指導の
方法を中心に学びます。
f:id:nagoyakanagoya:20151005161629j:plain

今回のテーマはスピード化への対応です。

現在のプレーはスピードが速いゲーム運びが主流です。

①グリップの変化
イースタングリップからウエスタングリップへ

グリップについての詳しい説明はこちらの 別サイトへ

ウエスタングリップでトップスピンボールを打つ
(力強いストロークから、ベースライン際へ深いボールを返す)

②ポジションと打点の変化
相手と自分の距離が近くなっている。
ベースライン近くでプレーし、相手のと距離が近くなることで
スピードが速くなる。

打点をボールの頂点付近で打つ。
(ボールを落として打つ人は少なくなっている)

③ラケットの改良
最近のモデルは新素材になり、軽量化が進み
少ないパワーでも大きなパワーが得られる。


実技その①

クロス深いところに的を置き、ベースラインから
50㎝程度のところから下がらずに打つ練習

実技その②

ベースラインから下がらずに防球ネットに
あたる位置に打つ練習

実技その③

高い打点でボールをとらえる練習として・・・

浅いチャンスボールを打つ、

深いチャンスボールを打つ、

または深いボールは相手に同じように
大きく返してもよい。