あけましておめでとうございます

~バウンドテニス大好き!~ * 名古屋市バウンドテニス協会 会員の皆様へ! * 全国のバウンドテニス愛好者の皆様へ! 新年あけましておめでとうございます。 昨年は、想像もできなかった東日本大震災という 大きな出来事がありました。 この震災で多くのバウンドテニスの仲間の方々も被災されました事に 協会を代表して改めてお見舞い申し上げます。 被災されました仲間の皆様が普段の生活に戻るためには 大変険しい道のりになると思いますが、一日も早く復旧が 進むよう祈るばかりです。 私たちが出来ることは、スポーツとしてのバウンドテニスを通じて 多くの方々に生きがいを見つけてもらうことだと思います。 その願いを込めながら 2012年の新しい年を迎えるにあたって 私ども協会の目標と その目標達成に向かっての メッセージを送ります。 私たち協会は本年 協会設立10周年という 大変意義のある節目の年を迎えます。 設立時234名という会員数から 608名という会員数に 普及する迄に至り設立時より  『日本一の地域スポーツクラブ』を目指してまりましたが、 バウンドテニス協会の下部組織としての中で、 目標を達成することができました。  この間、多くの方々に 言葉では言い尽くせない援助を いただきました。 特に会員スタッフの皆様には多くの犠牲を強いながら、 協会の活動を支えていただいたことに、改めて感謝いたします。 さて、2012年度の協会の目標とその方針を 名古屋から発信いたします。 『日本ど真ん中名古屋をバウンドテニス最高の舞台に』 バウンドテニス普及と発展のために 「するスポーツ」「みるスポーツ」から 「ささえるスポーツ」活動を展開していきます。 第1) 協会のスポーツイベントと運営を支えるスタッフを 育成するためのボランティア組織の充実をはかる (本年 50名の登録) 第2) 間近にせまる高齢者社会の中で 60歳以上の方々に スポーツの楽しさ、健康維持のためのスポーツの大切さを バウンドテニスを通じて展開していく (23年に設立の守山バウンドテニスクラブの実例を参考に展開) 第3) 親と子の絆をバウンドテニスを通じて強く結びつける 「親子なごやかスポーツ隊」の事業を本年度さらに積極的に 進め、親子にスポーツの楽しさを バウンドテニスを通じて 知ってもらう 上記の事業の目標と方針の中で、多くのバウンドテニスの 仲間を増やし(丸八運動 888名増強運動) 会員の皆様が 永く健康で楽しくバウンドテニスを続けられるよう希望を持って 進んでいきたいと思います。 協会は会員のために何ができるかを常に考え続けていきます それが協会の大きな役目です。                    平成24年1月1日                    名古屋市バウンドテニス協会                    会長 青木 哲彦 詳しい資料はこちら・・・ 10周年に向けて 24年度具体的な事業の活動内容 日本一の地域スポーツクラブを目指して!
広告を非表示にする